一週間の海外旅行をバックパック一つで済ます僕のコンパクト荷作り術

スポンサードリンク

みなさんこんにちは。
今日10/11から約一週間カンボジアに行ってきます暇モアイです。

海外に行くにあたって、とっても大事なのが荷作りですよね。

普通は海外に一週間滞在するから、一週間分のシャツとかズボンを持って行こうと考えるじゃないですか?
そうすると、服が一週間分必要だっったり、アレもいるコレもいるってなって、結局ぱんぱんになったリュックとキャリーバックを引きづりながら、不慣れな海外の地を行ったり来たりして必要以上に疲れてしまいますよね?

今回僕は一週間の海外旅行の荷物を普通サイズのバックパック1個だけにしました。

荷物をバックパック一つにすることであげられるメリットは以下の三つ

  • 動きやすい、疲れにくい
  • 手荷物を機内に持ち込めるので、受け取りを待たなくていい
  • 荷物の個数や重量オーバーなどで追加料金を取られる心配がない

無駄なものを省き、現地で調達できる分は現地で調達する。

そうすることで余計な重みを削ることができ、海外でも動きやすくなり、疲れにくくなるんですよね。

色々な心配が頭を巡って、どうしても荷物が多めになってしまう方は是非参考にしてみてください。

 

洋服



旅行中一番カサを取るのが洋服です。洋服は一週間の旅行であれば、6回着替えることになると思いますが、肌着や下着などを6枚ずつ持って行くのはナンセンスです。
動きやすく速乾性のある服を4枚程度持っていき、後は洗って着まわしましょう。
また、衣類をまとめるのはZIPLOCKが最適です。大きめのZIPLOCKに小さく畳んだ服を入れて空気を抜き、カサを減らしましょう。
東南アジアなどの暑い地域に行く時も、虫除けや、冷房対策として一枚は長袖の羽織れるものを持っておくといざという時便利です。

衛生品



旅先で重要となるのが衛生品ですね。女性はここを削るのがなかなか難しそうですが笑
カサが増えそうなタオルは2枚でOK、足りなくなったら旅先で買えばいいんです。
石鹸もシャンプーも持って行っていないのは旅先で買うからです。
持ち物を必要最低限にして、必要になったら旅先で買いましょう。

僕は肌が弱いのでカミソリでなく、電動のシェーバーですが、ここもカミソリにするとさらに軽量化できます。

 

ポーチ


意外と役に立つのがポーチです。
自分の財布の中に外貨などを入れてしまうと日本円とごっちゃになり支払いの時に困ります。


このようなポーチを持っておくと外貨もこちらで管理できますし、パスポートなども一緒に入れて持ち歩けます。
なかなか便利ですよ。

 

電子機器

PC


これは僕に必須というだけで、ないならないでも大丈夫です笑
これがあると今僕がしているように海外でブログを書けてアップロードできますので便利です。
写真や動画などの編集をしないなら、スペックは落ちますがMacbook Airが軽くて便利です。

スマホ


海外ではプリペイドSIMを買って、SIMフリーのスマホに差し替えて使用できるので、SIMフリーのスマホは必需ですね。
昔オーストラリアに行ったとき、僕は当時ドコモのスマホを使っていたのですが、SIMを買って差し替えたのですが使えませんでした。
その時初めてSIMロックというものを知り、ドコモに怒り、その時から段々とSIMフリースマホについて詳しくなっていきました。
旅先ではバッテリーとの戦いになるので、予備のバッテリーも持って行くと安心ですよね。

カメラ


これも僕にとって必須なのですが、ソニーのミラーレス一眼レフです。
日本と全く違った海外の美しい景色をたくさん撮りたいですもんね。
カメラの充電が切れたらジ・エンドなので予備のバッテリーをあるだけ持って行くことにしました。

余談ですが、カメラ初心者はいきなり高いカメラ買わなくても大丈夫ですよ。


→「【カメラ初心者におすすめ】ソニーのミラーレス一眼レフを買ったら仕事が一層楽しくなる」

イヤフォン


Bluetoothのイヤフォンはなかなか重宝します。つけたまま話せますし、ノイズキャンセリング機能を使えば、音楽を聴いていないときでも周囲の騒音を緩和してくれるので耳栓としても機能します。
ただ、ヘビーに使うと1,2日ぐらいしか充電が持たないので、充電できない場合は普通のイヤフォンの方がいいかもしれません。


→「【レビュー】騒音98%カットSONYワイヤレスの無線イヤホンMDR-EX31BN」

あったら便利もの


左から衣類を詰めていたZIPLOCとビニール袋です。
水漏れしにくいZIPLOCは衣類にも食品にも最適ですし、汚れた衣類などはビニール袋に入れて持ち歩くのも手です。(ビニールに入れた後ZIPLOCKで圧縮するとカサが減る)

お買い物袋


いままで上げてきたものすべてリュックに詰めると空きスペースがほとんどなくなりお土産が買いづらくなりますよね?
そんな時のためにお買い物袋を持参すると意外と便利なんです。
リュックからはみ出したものをこちらでまとめましょう。
持ち込み手荷物は大体リュックともう一つとかなので、よほどお土産を買いすぎることのない限り追加料金取られることはないでしょう。

 

旅行中快適に過ごすために

大切なことは本当に必要なものを見極めることです。

海外に行くと見たことのないものやワクワクするお土産がたくさんあり、どうしても手を伸ばしたくなることがよくあると思います。

しかし、買いすぎると追加料金がかかって来ることもありますし、旅の序盤にたくさん買ってしまうとその後の旅の手荷物が増えます。

お土産はなるべく旅の終わり頃にまとめて買うことで、旅行中の移動時の負担を減らすことができます。

食事に関しても同じです。

お腹が減っていないのに、飛行機の機内食が出てきたから食べるとか、今先ご飯食べたばかりだけど、美味しそうなスイーツ見つけたから食べちゃおうとか旅行中はよくあることですよね?

特に旅行一日目は体のリズムがまだ馴染んでいない状態なので、その時に食べ過ぎたりすると、お腹が痛くなったり、発熱したり、体調を崩す可能性が高いです。

買い物も食事も本当に必要なのか一旦頭を巡らせてから、本当に必要であればするという風にすれば余計なお金もかからず、トラブルも減るのではないかと思います。

何はともあれ旅行中は楽しむことが仕事

体調に気をつけ、少ない荷物で快適に移動しながら、今まで見たこともないようなものに出会ったり、味わったことのないような美味しいものを発見したりしていきたいと思います。

それでは、また。

 

国内旅行に一週間行った時の荷造りはこちら。

→「一週間の旅行でもバックパック一つで身軽に楽しもう!僕の荷物パッキング!」

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA