とり皮が!とり皮が止まらない!!赤坂舞鶴「とり皮屋 勝軍」

スポンサードリンク

皆さんはこの男をご存知だろうか。。。。

福岡のグルメのことなら俺に任せろ」と言わんばかりのこの表情。

月間1万以上のPVを誇るグルメブログ「あったか橋」運営するはっしぃさん

今回は「食」に興味関心の強い彼と僕で久しぶりに語り合おうということで、彼が居酒屋をチョイス。

僕の「おいしいとり皮が食べたい」という僕の要望に対し、彼が選んだのは、、、

 

とり皮屋 勝軍

福岡空港線赤坂駅から歩いて5分ほどの「とり皮屋勝軍」。

平日の夜にもかかわらず、店内は大盛況

僕らが19時に入店して、30分後にはもう店内満席になっていました。はっしぃさんが予約しておいてくれていたのですが、大正解でした。

 

僕はこれでも一応元百貨店の食品担当。そして、いくつものお店を食レポしてきたブロガーでもありますので、グルメブロガーであるはっしぃさんに対して、ライバル心を抱いております。

挑発も兼ねて、好き放題言う僕。

はっしぃさん、僕は今まで色々な飲食店に足を運び、「」に対してこだわりがあります。

普通においしいってだけのお店では満足しませんからね!

 

 

うーん、僕はここのお店おいしかったから大丈夫だと思うよ。まあ食べてみてよう。

 

 

はっしぃさんの言われるままに、とりあえず生ビールと何種類か焼き鳥を注文。

さあ、はっしぃさんおすすめの「とり皮屋勝軍」の真髄がここから始まります。


元祖とり皮(タレ) 1本100円


元祖とり皮(塩) 1本100円


勝軍とり皮 1本100円

なんとこのお店、とり皮だけで元祖とり皮(塩・タレ)と勝軍とり皮の2種類もメニューがあるんですよね。

元祖とり皮もおいしかったですが、特筆すべきは勝軍とり皮!!

勝軍とり皮は秘伝の醤油ダレに一晩漬け込んだとり皮を素焼きし、さらにもう一晩寝かせて熟成させているそうです。

普通のとり皮にはない独特な香ばしい香りでとり皮の虜になります。

 

うむむむ、はっしぃさんやるなぁ

 

もちろん、とり皮の以外のメニューも絶品でした。


豚バラ(阿蘇自然豚) 1本160円

ジューシーな豚バラにほっぺたが落ちそうでした。


地鶏もも(塩) 1本180円

やっぱり、ももの焼き加減が最高です。塩にすることで、鶏本来の味がジワっと味わえます。


しそバラ 1本160円

個人的にはこれ、最高でした!豚バラのジューシーさとしそのさっぱりした香りのアクセントでお酒が止まりません。


胡麻鶏(ごまどり) 600円

鶏肉タタキを甘みのあるごまダレに漬け込んだ一品。鶏肉の濃厚な味わいとごまの風味がたまりません。

 

色々とおいしいものを口にしましたが、結局最後はまた勝軍とり皮に戻るんですよね笑

ビール勝軍とり皮「とり皮トルネード」ほんまに病みつきです笑

うますぎてさすがの僕もこの表情。

 

食後

いや〜、まじうまいっすねここの焼き鳥!はっしぃさんの選んだお店なら間違いないと思ってたんすよね!!

 

いや〜、モアイくん満足してくれてよかったなぁー(棒読み)

 

福岡でおいしい焼き鳥が食べたいなら、グルメブロガーおすすめの「とり皮屋勝軍」にぜひ足を運んでみてくださいね!お客さんが多いのでご来店の際は予約して行くことをおすすめします!

 

関連ランキング:焼き鳥 | 赤坂駅大濠公園駅天神駅

 

 

 

はっしぃさんのブログはこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA