僕の子供の頃から大好きな昆虫BEST5

スポンサードリンク

実は僕、意外にも昆虫好きでもありまして、Twitter(@himamoai)でも昆虫学者の方や、昆虫にお詳しい方をたくさんフォローさせていただいております。

小学生までは三度の飯より、虫取りが好き、、、いや飯もたくさん食べていましたが、四六時中外に出ては虫取りに熱中する少年でした。

そんな隠れ昆虫ファンの僕が、小学生時代から大好きな昆虫BEST5を選んでみました。

ランキング

5位 シロコブゾウムシ

引用元:MASATOの絵日記

上翅にコブ状の隆起を持つ、灰褐色のゾウムシ。

クズ、ハギ、ニセアカシア、フジなど、マメ科植物の葉を食べます。

僕が小学校時代よく、クズが生い茂った草むらに入って虫取りを行なっていたのですが、そんな時こいつをよく見かけました。大人しくて素朴で可愛らしいところが好きでした。

 

4位 アサギマダラ

引用元:西尾市観光協会

翅の模様が鮮やかな大型のチョウで、日本列島を縦断、さらに南の沖縄や台湾まで延べ2000km以上を飛んでい移動すると言われています。

標高の高い山地に多く生息し、山に行った時に見れる貴重な蝶として子供の頃の記憶に強く刻まれています。

 

3位 ナナフシ(ナナフシモドキ)

引用元:蟲ソムリエへの道

ナナフシは、節足動物門昆虫綱ナナフシ目に属する昆虫の総称。

草食性の昆虫で、木の枝に擬態した姿が特徴的です。

小さい頃父親と山にナナフシを取りに行ったことがあるのですが、コンクリートの壁からボトボトボトボトいきなり数十匹のナナフシが落ちてきたことがあって何事かと思いました。

虫取りの神様が力を貸してくれたのでしょうか?

 

2位 ベニスズメ

引用元:猫のふうたと小さなお庭

ベニスズメはスズメガ科の大形の蛾の一種。

エサは花の蜜で、色はベニスズメという名前の通り赤いが、茶色い部分もあります。

幼虫は蛇みたいな模様をしていてちょいグロだが、成虫は見事な彩り。

よくマンションの明かりに惹かれて飛んできていたので捕まえてました。

 

1位 ハラビロカマキリ

引用元:カマキリ

ハラビロカマキリは、カマキリ目カマキリ科の昆虫。

標準和名は、腹部が太いことに因みます。

BEST1は迷いましたがこれ!

ちょいふっくらしたお腹に、綺麗なグリーン。

そして、意外と短気なその性格がとってもキュート!

子供の頃はコオロギ与えたり、わざと怒らしてみたり、たくさん構ってくれてありがとう笑

 

スポンサードリンク

結論

いかがだったでしょうか?

普段日常生活が忙しくて、あまり自然に目を向けられてないという方、この機会に自然に注目してみてください。

そこには面白おかしなバグズライフがひろっがってますよ。

それではまた!

 

参考サイト:Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA