Amazonメルカリを使いこなそう!ネットで不用品を現金化する基礎基本

スポンサードリンク

僕は大学生の頃からいらなくなったものをネットで販売してきたので、不用品をネットで販売するということは至極当然の様に思っていたのですが、ネットをよく使用する現在でも意外と「メルカリってどうやって使うの?」とか「ネット販売って怪しくない?」とかそんな時代に置き去りにされているかの様な声をしばしば耳にしますので、今回はそんなネットにあまり不慣れな方々のために、不用品の出品方法についてわかりやすく解説していきたいと思います。

 

販売場所

まず、不用品が出た際に僕がいつも出品する場所(サービス)についてご紹介します。

1.Amazon

2.メルカリ

基本的にこの二つで事足ります。物によっては他のフリマアプリなどを使用することもありますが、だいたいこれで売れちゃいます。

 

スポンサードリンク

Amazonについて

まずはAmazonについてです。日本のECのトップに君臨するのがこのAmazonと楽天ですが、無料で出品可能なのはAmazonだけです。

Amazonで出品するには、まずAmazonの出品用アカウントを取得する必要があります。

参考:Amazon出品サービス

Amazonでは大きく分けて大口出品小口出品の二つの出品方法があります。

不用品処分としてちょこちょこ使われるだけなら小口出品でいいと思います。

小口出品では無料で出品でき、成約時に少しマージンが引かれる形です。

マージンとして、基本成約料(100円)と販売手数料が引かれます。

販売手数料は商品代金の8〜15%で商品カテゴリーによって異なります。詳しくはこちら

また、メディア商品(本、DVDなど)は、別途成約料がかかってきます。

先日ビデオカメラを販売したのでその事例を載せておきます。

23,000円で販売して、21,376円振り込まれました。(送料はこちらで事前に支払っています)

販売手数料率が15%の物などはできるだけメルカリなどで売るようにしたほうが良さそうです。

 

Amazonの商品登録から出品まで

出品用アカウントから商品登録もできますが、今回はお持ちの商品の商品ページからマーケットプレイスに出品を選択します。

まず、商品のコンディションを選択します。

ここで嘘をつくとクレームの確率が増えますので、正直に選択しましょう。

次にコンディションと説明です。

色や素材、重さなそ商品の特徴についてなるべく詳しく書きましょう。また使用年度なども書かれていると購入者は信頼します。

Amazonもメルカリも購入者側が評価できる仕組みになっているので、きちんとした取引を重ねていれば評価が上がり後々売れやすくなります。

SKUの画像は載せなくてもいいですが、以下の様に写真があった方が、どう考えても購入されやすいですよね?

視覚的な情報はあるに越したことはないので必ず入れましょう。

最後に販売価格ですが、Amazonの同じ商品の中古価格や、メルカリでいくらで売れているかを事前にリサーチしてから売り出しましょう。

状態がよければ、少し高めに販売しても売れることが多々ありますよ。

出品した商品は中古の出品の欄に表示されます。

マーケットが大きいし、Amazonで中古買う人はかなり多いので商品にもよりますが、売れやすいです。

 

ソーラーライトモアイ玉ライトを出品してみよう

Amazonへはこちら

 

メルカリについて

次にメルカリについてです。

メルカリは日本最大のフリマ(フリーマーケット)アプリです。

売れた商品のうち約半数が出品して24時間以内に売れているというデータが出ているぐらい今人気絶頂のサービスです。

Amazonと同様無料で出品でき、成約時にマージンが引かれます。

メルカリはどんな商品も一律10%と決まってます。

先日PCソフトを販売したのでその事例を載せておきます。

メルカリでは販売利益はそのままメルカリでのお買い物に使用できます。

売上金を銀行に振り込む場合、Amazonでは自動で振り込んでくれる一方で、メルカリでは振込申請が必要です。

申請額が1万円以上の場合は振込手数料が無料ですが、申請金額が、1万円未満の場合210円の手数料が取られます。

フリマアプリ「メルカリ」オークションよりかんたん
フリマアプリ「メルカリ」オークションよりかんたん
開発元:Mercari, Inc.

インストールして招待コード「WUQHXE」を入力すると、最大10,000円ポイントが当たるクジがもらえます。

 

メルカリの商品登録から出品まで

メルカリは実用性をものすごく考えて作られているので、あまり出品作業時の説明はいらないかもしれませんね。さらっとおさらいしておきましょう。

まず、赤の出品ボタンを押すと商品登録画面に行きます。

まずは、画像登録を行います。メルカリでは画像にこだわる必要があります。

メルカリでは写真がたくさん並ぶ中から商品を探すことになるので、Amazonよりもメルカリで販売する方が画像の重要性は高くなってきます。

写真で重要なポイントは明るさ細かいところまで見えるかどうかの二点です。

写真が明るかったら、数ある写真の中でも目立ちます。

また細かいところまで見える写真だったら購入者も安心して購入ができます。

売りたい商品であればあるほど写真にはとことんこだわりましょう。

次に文章ですが、これは実際僕の書いたものですが、本当はもっと細部まで書いてあげると親切です。

商品の状態・特徴。どこにどのような傷があるとか使用年度まで書いたら◎です。

あと、メルカリはキーワードを検索して、商品までたどり着くので、文章中にキーワードを入れ、検索に引っかかりやすくするのもテクニックの一つです。

ここに関係ないワードを入れると、アカウント停止を食らうこともあるので注意が必要です。

ここは大丈夫ですね。

送料は出品者込みにしてあげると、売れやすくなりますよ。

メルカリは出品がとてもわかりやすいですね。子供でも使えます。

ただ、使わないからといって、ムヒとかバファリンとか出品しちゃダメですよ。薬事法に思いっきり引っかかりますので注意が必要です笑

 

配送が面倒なものはメルカリアッテを使おう

普通サイズの不用品はAmazonやメルカリで十分ですが、洗濯機とか冷蔵庫、家具などなかなか配送で送ることのできない不用品が出た場合皆さんどうされてますか?

僕はそんな時地域に根ざしたメルカリの姉妹アプリ「メルカリアッテ」を使います。

メルカリアッテなら自分いるの地域情報を読み込み、その地域の出品物などを表示してくれるので、配送なしで実際に会って取引できます。

そのためアプリ内は基本メッセージ機能のみで、購入が決まれば実際に会って、金銭や物品の授受を行う仕組みです。

そのため、車がない方でも安く売り出して、その代わり家まで取りに来てください的なことができちゃうんです。便利ですよね!

アプリ内の金銭授受がないためマージンを取られることなく完全無料で利用できます。

メルカリ アッテ- 地元コミュニティで売買から仲間募集まで
メルカリ アッテ- 地元コミュニティで売買から仲間募集まで
開発元:Mercari, Inc.

インストールして招待コード「XYFFRPJK」を入力すると、300円分のメルカリポイントがもらえます。

 

商品の発送方法について

ネットで商品を販売する際に意外と料金がかかってくるのが、発送料です。

一番安い発送方法を自分で探せれば用意のですが、日本郵便、クロネコヤマト、佐川急便など、各社で規定も値段も異なるので探すだけでも手間がかかります。

今回はあまり慣れていない方のために、本当の最安値ではないかもしれないがほぼ最安値で商品を発送する方法を教えます。

 

日本全国一律164円クリックポストを利用しない手はない

クリックポストは日本郵便が運営する、全国一律運賃で荷物を送れるサービスです。

サイズは長辺34cm、短辺25cm、厚さ3.0cmまで、重量1kg以内のものが送れます。ポストに入る大きさが条件ってことですね。

プリンターさえあれば自宅で簡単に、運賃支払手続きとあて名ラベル作成ができ、郵便ポストからいつでも差し出せます。追跡サービスで配送状況の確認も可能です。

本やCD、DVD、薄い出品物などに最適です。(僕はスマホもこれで送っています)

→クリックポストについてはこちら

 

厚さ3cmを超えたら定形外郵便で

メルカリだとらくらくメルカリ便とかが発送料を節約できるのですが、コンビニの機械などでちょっと操作が必要だったりするので、面倒だなと感じる人が多いと思います。面倒でないならそちらを使った方が安いです。

基本的には郵便局に持ち込んで「定形外でお願いします!」で大丈夫です。

郵便局にはゆうメールや、ゆうパックなど、他にもサービスがありますので局員の方に聞いてみてもいいかもです。

追跡サービスがないのは不安ですが、リーズナブルに全国どこでも同じ値段で送れるので出品者の味方です。

 

Amazonメルカリ以外にもう1アプリ紹介するならラクマ

楽天が提供するフリマアプリです。

メルカリに比べると市場規模は小さいですが、メルカリが販売手数料を10%とるのに対し、こちらは無料だったり、お支払いに楽天ポイントを使用できるなど良心的なサービスを提供しています。

アプリの作りがメルカリとそっくりそのままなので、メルカリユーザーの方なら迷うことなく使用できます。

メルカリAmazonだけではなかなか売れない方はこちらにも出品してみてはいかがでしょう?

フリマアプリ ラクマ - 出品手数料無料の楽天のフリマアプリ
フリマアプリ ラクマ – 出品手数料無料の楽天のフリマアプリ
開発元:Rakuten, Inc.

インストールして招待コード「3AXMSw2w」を入力すると、100円分のラクマポイントがもらえます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今まで使わなくなった不用品は捨てていたという方!ネットで販売するのはそんなに難しいことではありません!

これを機会に出品されてみてはいかがでしょうか?

「え、こんなに早く売れるの?」とか「思ってたより高い値段で売れた!」なんてことが多々あるので新しい刺激になると思います。

それではまた!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA