【カンボジア編06】シェムリアップの絶対行くべき観光スポット2選

スポンサードリンク

シェムリアップはプノンペンから飛行機で北西に約50分飛んだ所にある小さな町ですが、世界遺産「アンコールワット」などの遺産群のあるカンボジア随一の環境拠点です。

昼は遺跡巡り、夜はパブストリートで買い物や食事を楽しむのがオススメです。

 

1.アンコールワット(Angkor Wat)

12世紀前半にスールヤヴァルマン2世によって30年以上もの歳月をかけて建設された東南アジア最大級のヒンドゥー教寺院建築「アンコールワット」。

1992年に世界遺産登録される。本当に寺院内の規模の大きさに驚かされるばかりでした。

壁にも精緻を極める彫刻が施され、見応え十分でした。

アンコールワットに入るには事前にミュージアムでチケット購入する必要があるので要注意です。

顔写真を撮られ、顔写真入りのチケットを発行されます。

1日入場券:37ドル
3日間入場券:62ドル
7日間入場券:72ドル

現地人は無料で入れて、観光客は支払い必須です。僕は顔が濃いのでそのまま入れるか挑戦しようかと思いましたが、警察沙汰はごめんなのでやめておきました。

 

スポンサードリンク

2.オールドマーケット(Old Market)

オールドマーケット周辺は外国人向けのおしゃれなレストランやショップだけでなく、寺院や市場なども混在し、活気のある観光地の一つです。

中でもパブストリート(Pub Street)と呼ばれる通りは、毎晩BGM鳴り響き、きらびやかなネオンが連なるレストランやバーが立ち並ぶ通りです。

一歩道を間違えるとイケナイマッサージのお店がある通りに入り、僕はそこで5人ほどの女性(中にはレディーボーイもいた)に引っ張られ店に連れ込まれかけたので女性は大丈夫ですが、男性は雰囲気を見なが歩き回られることをおすすめします。日本人はお金を持っているため狙われやすいそうです。

 

古代の遺跡と、現代の観光地が混在する街シェムリアップ。

世界中から年間100万人以上もの観光客が訪れ、おしゃれで独自性のあるホテルや飲食店が増え続けているそうです。

歴史を感じ、食事やショッピングなども堪能し尽くしましょう。

 

驚異のコスパ!おすすめのシェムリアップのホテル

→【カンボジア編01】コスパ重視で選ぶ!シェムリアップのおすすめホテル3選

 

海外旅行の荷造りはコンパクトにまとめましょう!

→一週間の海外旅行をバックパック一つで済ます僕のコンパクト荷作り術

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA